スポンサードリンク
新着記事一覧

WindowsXPとVistaの推奨スペック比較

Windows XP 推奨スペック

CPU 300MHz
メモリ 128MB以上
ハードディスク 1.5GB以上の空き容量

Windows Vista最低システム要件

CPU 800MHz,32bit(x86)または64bit(x64)プロセッサ
メモリ 512MB以上
ハードディスク 20GBのハードディスクかつ15GBの空き容量
グラフィック SVGA(800×600)
その他 内臓または外付けのCD-ROMドライブ

上記にWndows XPとVistaの推奨スペックを比較してみましたが、単純に比較しただけでも両者の要求スペックは、CPUで2倍以上、メモリで4倍以上、ハードディスクで10倍の差があります。また、Vistaに関しては上記のスペックで対応できるバージョンはHome Basicのみであり、「Home Premium・Business・Ultimate」の上位3バージョンに関しては、PCに要求される能力はさらに高まることになります。以下に参考としてVista上位3バージョンの記載しておきます。

Windows Vista(Home Premium・Business・Ultimate)最低システム要件

CPU 1GB,32bit(x86)または64bit(x64)プロセッサ
メモリ 1GB以上
ハードディスク 40GBのハードディスクかつ15GBの空き容量
グラフィック SVGA(800×600)
その他 内臓または外付けのDVDドライブ
インターネットアクセス
オーディオ出力


※追記・・・別記事でも採り上げましたが、WindowsXP SP3が来年前半にも公式にリリースされるそうで、それに先駆けて興味深い記事が出てきています。

「Windows XP SP3」を導入すると10%速度アップする(GIGAZINE)

実験結果についてはハードウェアとの相性等もありますので現時点ではなんとも言えないのですが、上記のXPとVistaとの要求スペックの差を考えれば、処理速度に関しては両者の差はますます開いていくのはほぼ間違いないと言えると思います。



スポンサードリンク

Windows XP搭載パソコンを今から購入する方法のWindowsXPとVistaの推奨スペック比較のリンクについて

Windows XP搭載パソコンを今から購入する方法のWindowsXPとVistaの推奨スペック比較のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。